地方自治体におけるEBPM推進

データ利活用でまちづくりの最適解を導き出す!

 

2014年に日本創生会議(座長・増田寛也氏)が指摘したもので、人口流出・少子化が進み、2040年まで存続できない恐れがある自治体を指します。

政策立案の課題

第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略や人口ビジョン及び総合計画など、まちづくりにおける政策を立案される中で、自信がない・本来やるべきことまで至らない、というお悩みはありませんか。

お悩みの解決策

特別なスキルやノウハウは必要なく、パーソナルデータに基づく政策立案(EBPM)を推進できる住民情報分析システム(Acrocity×BI)をLGWAN-ASPでご提供します。

効果

 

定性的:データ活用の有効性

パーソナルデータを安全かつ効率的に活用し、エビデンスに基づいた施策・計画の立案を推進(EBPM)することで、まちづくりの最適解を導き出せると私たちは考えています。

CM・ご紹介動画

 

Acrocity×BI「都市消滅の危機編」

さらに詳しく知りたい方

 

地方行政経営研究所会員サイトではより詳細な製品情報や、データ利活用の推進方法・ポイントなどをお伝えしております。※自治体職員様限定
新規会員登録は”こちら”