Sales Account

主事(SE職)

何歳のときに今の役職に就きましたか?

 26歳のときです。昇格と同時に、新入社員が同じ部署に配属されました。今までは先輩や上司に指導を受けながら営業としてのスキルを身に付けてきましたが、後輩ができたことで指導力を求められるようになりました。指導する際は、「私が新入社員だった頃、どんなことが理解できていなかったのか、どうやって理解できるようになったのか」と思い出しながら実践しています。例えば、お客様の業務内容が全く理解できていないために会話が続かないことが頻繁にありました。そこで、SEにも協力してもらいながら、後輩向けにお客様の業務に関する勉強会を実施したりしています。もちろん私自身も後輩に負けないよう切磋琢磨しながら業務に励んでいます。

昇格の決め手となったのは?

 営業の仕事は、ただ商品を売るだけではありません。お客様の要望に沿った提案を行なうためには、部署に関係なく他の営業やSEに幾度となく質問したり打合せをするなど、社員同士のコミュニケーションが非常に重要になります。私自身、営業としての知識やスキルはまだまだ足りないと感じていますが、社員同士のコミュニケーションは常に大事にしてきました。例えば、飲み会やゴルフなどのイベントを積極的に企画したり、SEが休日出勤している時には差入れを持って行ったりもします。このように、業務がスムーズにいくように取り組んでいる姿勢が評価されたと考えています。

今の仕事にどんな思いを?

 他社との競争の中でも当社が常にお客様から選ばれるように、もっと営業としてのスキルを身に付けなければならないと考え、日々勉強しています。お客様から、当社の製品に対してご要望をいただくこともありますが、「そのご要望が本当にお客様のためになるのか?もっと別の方法がないのか?」と検討した結果、ご要望とは異なる提案を行うこともあります。このような営業活動を通してお客様から信頼を得て、ずっと当社を選んでいただけるようになりたいと考えています。そのためには、もっと提案のスキルを身に付けなければなりません。また、当社の業界は技術が日進月歩であり、新しい概念が次々と現れています。学ぶことに対して常に貪欲であり続けながら、ステップアップしていきたいと考えています。

前へ

次へ

  • SA職主事補
  • SA職主事
  • SA職主査
  • SA職リーダー
  • SA職課長
  • SA職部長
  • SA職内部システム・SI担当
  • SA職主事補
  • SA職主事
  • SA職主査
  • SA職リーダー
  • SA職課長