Systems Enginner

どのような仕事をしていますか?

 当社製品をご利用いただいている市町村から、システムの操作など運用面に関するお問合せを受け付ける「サポートデスク」を担当しています。サポートデスクには1日当たり約30件、年間約8,000件のお問合せがありますが、単にお問合せを受け付けるだけではなく、回答も自ら行います。自分の知識では回答できないお問合せについては、同僚や製品開発部門のSEと協力して回答します。サポートデスクで受け付けている業務は多岐に及んでいますが、その中で私が担当しているのは主に住民票と印鑑に関する業務です。お問合せをいただく際、市町村の方は住民との応対中である場合が多いため、回答の正確さだけでなくスピーディーな対応ができるよう心掛けています。

今までで一番嬉しかったことと辛かったことは?

 日常業務の中でお客様のお役に立てているという実感が得られながらも、子育てと仕事の両立ができていることが、とても嬉しいです。子どもが突発的に病気になったときや、学校や地域の行事があるとき、上司や同僚の協力を得て休暇を取得することができるため、両立することができています。辛いことは、子育てのために限られた時間しか働くことができず、上司や同僚に負荷をかけてしまう場合があることです。しかし、同じような境遇のメンバーも複数いるため、お互いに助け合いながら仕事を進めることができるということは、とても幸せな環境だと思います。また、当社は福岡県の「子育て応援宣言」に登録しており、小学校3年生以下の子どもを養育する従業員は有給休暇とは別に看護休暇も取得できるため、この制度も働きやすい環境の一つだと思います。

今の仕事にどんな思いを?

 サポートデスクでは、お客様と直接お会いすることなく相手の状況を把握しなければならないという難しさがあります。そのため、お客様が気付いていない細部にわたってこちらからヒアリングすることを意識し、お客様の期待を超える分かりやすさやスピードで回答ができるようになりたいと考えています。また、サポートデスクはお客様からの一次窓口であるため、顧客満足度に直接影響する重要な仕事です。一次窓口での解決率の向上、回答時間の短縮を常に意識し、顧客満足度の向上に貢献したいと思います。

前へ

次へ

  • SE職技術開発部門
  • SE職税務システム開発部門
  • SE職導入管理部門
  • E職導入サポート部門
  • SE職運用保守部門
  • SE職住民システム開発部門
  • SE職品質管理部門
  • SE職エリアサポート部門
  • SE職福祉システムサポート部門
  • SE職内部システムサポート部門
  • SE職SI部門
  • SE職カスタマーサポート部門