Systems Enginner

システム導入部門(SE職)

どのような仕事をしていますか?

 私の所属する部門では、住民の暮らしに密着した市町村向けシステム(AcrocityV3)の導入を行っており、その中で私は、AcrocityV3の総合支援型窓口システムの導入を主に担当しています。
総合支援型窓口システムは、住民に「待たせない」「書かせない」「迷わさない」をコンセプトに、要件の聞き取り、申請書の印刷、手続書案内の印刷などを支援するための機能を実装しています。
 私の業務内容は、お客様と協議した要件を基にシステムを構築し、想定通りの動きとなっているのかをお客様と一緒に確認し合意していただくことです。システムの構築が完了すると、構築したシステムを実際にお客様に利用していただき、十分に運用イメージを把握いただいてから、本稼働を迎えるといった流れになります。
本稼働前後のお客様の不安を少しでも軽減させるべく、安心・安全な導入を目指して日々活動しています。

今までで一番嬉しかったことと辛かったことは?

 私の所属する部門は、お客様のもとを訪ね直接会話する機会が多いため、厳しいお言葉をいただくことがあります。そのようなお言葉を無くすために常日頃からお客様との信頼関係を築いていく必要があると考え行動しています。
 入社1年目は、周りからの指示を受けて必死で頑張ったことが社内で認められ、励みになりました。
また、2年目の今は、昨年より責任感のある仕事を任せられており、作業が立て込む時期や締め切り前は残業時間が多くなってしまうこともあります。それでも、お客様から感謝のお言葉をいただいた時は、嬉しさに変わり、また喜んでもらうために仕事に励んでいます。

今の仕事にどんな思いを?

 今はとにかく周りの先輩方や、お客様の期待を裏切らないようにしたいという気持ちだけでがむしゃらに頑張っています。
入社してから日が浅いため、まだまだ覚えることが多く日々成長を感じながら業務に励んでいます。
 総合支援型窓口システムを最大限に活用していただくためには、システムについての知識は当然ですが、お客様の窓口運用や自治体業務についても十分に理解しておく必要があります。
自分の力不足を感じる部分が多いので早く一人前になり、周囲から信頼されるSEになりたいと思っています。

前へ

次へ

  • SE職技術開発部門
  • SE職税務システム開発部門
  • SE職システム導入部門
  • SE職基盤技術部門
  • SE職保守管理部門
  • SE職住民システム開発部門
  • SE職品質管理部門
  • SE職運用支援部門
  • SE職システム導入部門
  • SE職内部システムサポート部門
  • SE職基盤技術部門
  • SE職カスタマーサポート部門