Systems Enginner

導入サポート部門(SE職)

どのような仕事をしていますか?

 市町村における基幹情報システムの導入作業に携わっています。単純に機械の入替えだけを行うのではなく情報システムそのものを入れ替えるため、お客様の事務運用が効率化されるよう事務手順の協議を行い、提案を行うことが重要な役割の一つです。導入作業の中にはお客様との協同作業が多々あります。協議結果をシステムに反映させた後の動作検証もその一つです。事務を運用するのはお客様であることを意識し、お客様の観点でシステムを検証いただけるように、話しやすい環境や雰囲気を作ることも大切です。私たちSEだけが躍起になって作業に打ち込むのではなく、お客様とSEが一丸となってシステム導入が成功するイメージを共有することが大切だと考えています。

今までで一番嬉しかったことと辛かったことは?

 嬉しかったことは、お客様から労いや感謝の言葉をいただいた時です。私たちが提案する事務運用やシステムについて、「便利になった」「助かった」などの声を掛けていただくことが、今後ももっと良い提案を行いたいというやる気につながっています。辛かったことは、私の発言や行動一つでお客様の信頼を一気に失ってしまった時です。お客様と近い立場で仕事をするため、私たちは会社の代表として接することになります。信頼を取り戻すことは容易ではないので、その責任の重さを常に考え、誠実にお客様に向き合うことが大切だと感じています。

今の仕事にどんな思いを?

 後輩ができ、仕事を教えることの難しさと同時に、一緒に仕事をすることの楽しさを感じています。一人で仕事に取り組む場合には対応できる範囲にも限界がありますが、仲間が増えればやりたいことがもっとできると思います。また当社には、プライベートだけでなく仕事の面においても、社内のコミュニケーションが図りやすい社風があると感じています。特に、現在担当しているプロジェクトでは先輩・後輩に恵まれていて、自分の考えを率直に発言できる環境があり、自分自身の成長を大きく手助けしてくれています。社内・社外を問わず自発的に発言し、メンバーが一丸となって仕事に取り組めることが、私のモチベーションアップにも繋がっています。これからも、よりお客様の視点に立った事務運用やシステムを提案できるよう成長していきたいと考えています。

前へ

次へ

  • SE職技術開発部門
  • SE職税務システム開発部門
  • SE職導入管理部門
  • E職導入サポート部門
  • SE職運用保守部門
  • SE職住民システム開発部門
  • SE職品質管理部門
  • SE職エリアサポート部門
  • SE職福祉システムサポート部門
  • SE職内部システムサポート部門
  • SE職SI部門
  • SE職カスタマーサポート部門