人権

ダイバーシティへの取組

Gcomホールディングスグループでは、性別や国籍などに捉われず、様々な考え方やライフスタイルをもった社員が働いています。採用活動においては、男女雇用機会均等法などのコンプライアンスはもちろんのこと、高齢者雇用促進法・障害者雇用促進法などを踏まえて高齢者や障がい者の方々に対しても積極的に行っています。

社員の人権尊重

社員が気持ちよく仕事ができるように、労働安全衛生法などのコンプライアンスと職場環境への配慮を行っています。また、労働時間が社員のワークライフバランスに大きな影響を与えると考え、労働基準法などのコンプライアンスに努めています。特に、有給休暇や時間外労働については管理職が部下の状況を把握し、基準より悪化する場合には上長の許可を必要とするなど、ワークライフバランスに配慮した取組を行っています。

社員一人ひとりがイキイキと働けるように

社員一人ひとりがイキイキと働き、それぞれの良さを発揮できる職場であるために、顧問社労士によるハラスメント教育を全ての管理職に対して行っています。これは、セルフケアと併せて、セクシャルハラスメント・パワーハラスメント・モラルハラスメントに対する理解を促すための教育です。

困ったときの窓口

万が一、社員に困ったことがあったときは、内密に人事部門へ相談できる社内窓口を設けています。

相談