健康経営の取組み

健康経営優良法人2019 認定取得について

2019年2月21日、Gcomホールディングス株式会社は、 経済産業省と日本健康会議が主催する「健康経営優良法人2019」に認定されました。
「健康経営優良法人」制度とは、健康課題に即した取組みや健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を表彰する制度です。

当社は、「健康寿命を延ばし、社員一人ひとりが元気に人生を送ること」を目指し、様々な取組みを行っています。
社員の定期健康診断100%受診、受診結果に基づくフォローアップはもちろんのこと、社員自らが健康をより意識できるように、月1回の健康通信による社員向け情報提供、セミナー開催、健康イベント開催等を行っています。

今後も、社員一人ひとりが健康でいきいきと働ける環境を目指した活動を継続し、社員、企業の発展、そして、地域の発展に繋げていきます。

健康宣言

Gcomホールディングスグループ健康管理体制

取組み内容

(1)定期健康診断
①100%受診
②オプション検査受診奨励
  40歳以上の社員は、腹部超音波検査(腹部エコー)受診必須
  その他オプション検査費用の一部を会社にて補助
③二次検査受診勧奨と有所見者へのフォロー
④健診結果に対して産業医から意見・就業判定を受ける
(2)健康に関する情報提供
  ①経営管理事業部から「健康情報通信」を配信(全社員に毎月配信)
  ②人材育成支援システム”ざいなる”の「みんなの広場」を活用した社員間での情報
   提供・共有

(3)ストレスチェック
  ①ストレスチェックを実施し、メンタルヘルスの不調を未然防止
  ②ストレスチェックの結果を組織ごとに分析し、職場環境を改善

(4)社内教育・研修
  ①健康、メンタルヘルス対策(ラインケア・セルフケア)の勉強会
  ②社内制度・国の動向に関する労務勉強会

(5)社員のコミュニケーション促進
  ①社員が有志で行う課外活動に対し、費用の一部を補助
  ②人材育成支援システム”ざいなる”の「みんなの広場」で課外活動を公開し、部門
   を超えて社員のコミュニケーションを促進

(6)社内相談窓口
  ①専用のメールアドレスを開設し相談に対応
  ②相談内容に応じて産業医・精神保健福祉士・社会保険労務士と連携及びその他外
   部専門機関を紹介

(7)病気の治療と仕事の両立
  ①罹病時及び復職時のフォロー
  ②傷病をかかえる社員に対する相談窓口の設置
  ③傷病をかかえる社員へ配慮や支援を行う管理職及び同僚に対する相談窓口の設置
  ④就労支援制度やテレワーク勤務制度の活用促進

(8)長時間労働者に対する指導
  ①対象社員の疲労度チェック
  ②産業医による面談

(9)長時間労働改善に向けた組織的活動
  ①各社長による36協定遵守に向けた活動宣言
  ②職場環境の改善策立案及び役員による確認・承認・フォロー
  ③長時間労働者・部長・事業部長による三者面談
  ④職場環境改善(36協定遵守)に向けた人事部門から各部門への支援・助言・指
   導

(10)メンタルケア
  ①ラインケア・セルフケアの周知
  ②ハラスメント対策(規定・対応フロー・相談窓口の設置)
  ③職場復帰支援プログラムの運用

(11)労働災害
  ①通勤災害・業務上災害への対応
  ②復職までのフォロー