pic_president1
取締役会長

平 石 勝 之

弊社は1971年(昭和46年)5月に福岡市天神の小さなビルから社員3名で創立しました。当時九州の地方自治体におけるコンピューターの利用は福岡市、北九州市、佐世保市など大都市において 適用業務は給与計算、各種税業務、水道料金などに限られていました。コンピューターは大型汎用機のみ、漢字は利用できずアルファベットとカタカナのみ、価格は1億円を軽く超えるものでした。このような状況で財政が乏しい九州の市町村での導入は難しい状況でしたが、地域社会における人、物、金という全ての基本情報を持っているがゆえに、全ての市町村が必ずコンピューターを利用する時期が来るという信念で営業活動を行いました。当時のコンピュータービジネスはハードウェアの販売のみでアプリケーションはお客様と共同開発する時代でしたが、程なくハードウェアの付加価値としてアプリケーションが高く評価される時代が訪れました。この時に弊社はいち早く市町村業務に特化したパッケージソフト「ATOMS(アトムズ)」の開発を手がけ、多くのお客様に採用されました。その後パソコンが急速に普及する中で、パッケージソフトをクライアント・サーバー型の「PicassoSistema(ピカソシステマ)」から、ウェブ・アプリケーション型の「Acrocity(アクロシティ)」へと進化させ、全国で160を超えるお客様に採用されています。弊社はその後、九州全域、山口、沖縄、四国、関西、東海、関東へ進出し、社員もグループ全体で500名に迫る規模へ拡大しています。
私たちはクラウド・コンピューティング時代を迎えるにあたって弊社を設立した原点に帰り、お客様の期待に応えるソリューションを提案し、課題解決のための努力をし、地域社会へ貢献していきたいと考えています。若輩者の多い会社ではありますが、どうか引き続きご支援、ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
pic_president2
代表取締役社長

平 石 大 助

弊社は創立以来、市町村の事務改善に特化し、常に最新の技術を取り入れた製品やサービスを提供することにより、地域社会に貢献したいとの思いで邁進してまいりました。
この間、様々なお客様と業務ノウハウを共有し、相互に事務改善手法を検討し、一体となって情報システムを築き上げてまいりました。 この中で切磋琢磨してきた社員の業務ノウハウとスキルこそが弊社の強みです。
現在はあらゆる分野において情報通信技術が進歩し続けており、市町村における情報システムも「持つ」時代から「利用する」時代へと変わりつつあります。弊社の事業もオンプレミス型の製品をお客様に合わせてご提供する形態から、クラウド型のサービスを使っていただく形態へ移行しています。市町村を取り巻く状況は大きく変化していますが、弊社は業務ノウハウ・スキルと情報通信技術を融合し、 更なる住民サービスの向上と業務の効率化を変わらずご支援していく所存です。
これからも、「顧客本位」「独自能力」「社員重視」「社会との調和」を弊社の経営理念とし、お客様と共に更なる成長をすべく、社員一丸となって取り組んでまいります。 今後とも、倍旧のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。