サービスマネジメントシステム

ISO20000 サービスマネジメントシステム

img_itsms2014

登録日:2011年05月11日
登録更新日:2014年03月10日
登録事業者:行政システム九州株式会社
取得場所:鳥栖クラウドサービスセンター

サービスマネジメントシステム基本方針

  1. 当社は、お客様に提供するサービス品質の維持・向上を図るため、サービスマネジメントシステム(以下、「SMS」と云う)を構築しその維持・改善に努めます。
  2. 当社は、常に変化する環境条件やお客様の要望に対応するために、SMSの運用について継続的に見直し・改善を図ります。
  3. 当社は、SMSで定めた規則を遵守します。
  4. 当社は、SMSの遂行にあたり、具体的な目標を設定し管理します。
  5. 当社は、SMSを継続的に維持・改善するために全従業員に対し教育を行い、必要な力量の維持・向上に努めます。
  6. 当社は、本基本方針を全従業員に対して漏れなく周知するとともに、充分に理解するよう努めます。
  7. 当社は、マネジメントサイクル(PDCA)の適切な運用により、サービスの継続的改善活動を維持管理し下記事項を実現します。
    • 提供するサービスに対するお客様及びビジネスからの要求への適合
    • SMSの計画への適合
    • SMSの有効性の継続的改善
  8. 当社は、前記の7項を実行することにより、お客様満足度の維持向上を目指します。

SMS方針書

当社は、ITサービスを管理された状態で効果的に提供し、かつ事業及び顧客要求事項を満たすことは経営上の重要な課題であると認識しています。
したがって、SMSの導入及び運用を通じて、サービス品質と顧客満足度の向上に取り組み、ITガバナンスを実現します。
また、ITサービス提供に関わる全社員(役員、正社員、契約社員、派遣社員及び協力会社社員を含む)が、このSMSを正しく理解し、定めたルールを遵守することで業務プロセスの適正化ならびに継続的改善に努めます。

1. 目標
当社は、SMSの継続的改善プロセスを含む、システムの効果的な運用及び顧客要求事項、適用される規制要求事項への適合を通じて、サービス品質ならびに顧客満足の向上を目指します。
2. 適用範囲
(1)鳥栖クラウドサービスセンターにおける自治体向け行政システムの運用サービス及び本社における同システムのサポートデスクサービスの提供をサポートするITSMS。
(2)鳥栖クラウドサービスセンターにおける地方自治体向けのクラウドサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステム。
3. SMS推進体制
当社は、サービスマネジメント全体に責任及び権限を持つサービスマネージャー及び、個々のプロセス活動の実行責任及び権限を持つプロセスオーナーを選任します。 サービスマネジメントの継続的改善は、サービスマネージャー並びにプロセスオーナーを中心としたサービス委員会の活動に基づき実施します。
4. 維持管理
当社はマネジメントサイクル(PDCA)の適切な運用により、ITサービスの継続的改善活動を維持管理し、下記事項を実現します。
(1) 提供するITサービスに対するお客様及びビジネスからの要求への適合
(2) SMSの計画への適合
(3) SMSの有効性の継続的改善
5. 基本方針の宣言
当社は「SMS基本方針」を宣言すると共に、その重要性を全従業員及び関連する外部関係者に公表し通知します。

行政システム九州株式会社
代表取締役社長 平石 大助