安倍晋三首相は平成28年9月に「働き方改革実現会議」を発足し、平成29年3月には、「働き方改革実行計画」を発表しました。この計画には大きく三つの視点が盛り込まれています。

市町村においても同様の課題が存在します。

当社では、市町村の働き方改革を4つの象限に分けて進めていくべきと考えています。職員同士で行う定型的事務については「RPA」、職員が住民と相対して行う定型的事務については「チャットボット」、職員が住民と相対して行う非定型的事務については「AI」、職員同士で行う非定型的事務については「BI」によるソリューションを提供しています。

市町村はこれらのソリューションを導入することで以下のような効果が期待できます。