Robotic Process Automationとは、人の代わりに、ロボットがPC上の動作を代行するITツールです。

一定のルールが存在する定型作業を代行します。

これまでのIT活用の流れとして、繁忙期における業務が優先的にシステム化されてきました。 RPAを活用することで、いままで後回しになっていた「通常期における業務の作業」や 「システム化されている業務における前処理・後処理作業」の効率化が実現できます。

業務の入り口となるデータ整備に着目し、住民や外部機関からの申請書類をスキャニングしデータ化します。RPAはそのデータを各業務システムに自動入力します。