品質マネジメントシステム

ISO9001 品質マネジメントシステム

img_qms2015

登録日:1999年7月23日
登録更新日:2015年8月29日
登録事業者:Gcomホールディングス株式会社
関連事務所:
行政システム九州株式会社
沖縄行政システム株式会社
四国行政システム株式会社
Acrocityソリューションズ株式会社
ICTコンストラクション株式会社
行政システムサービス株式会社

品質基本理念

当社は、お客様に“製品”と“サービス”を提供する企業として、高い品質を担保することが最重要課題であると認識し、全ての品質活動をPDCAサイクルの観点から管理することを宣言します。

品質方針

当社は、お客様に満足いただける高品質の“製品”ときめ細やかな“サービス”を提供するため、「品質方針」を以下に定めます。

1. 計画的な作業の推進
プロジェクト開始前に管理者は実施計画書を作成し、全ての関係者の承認を受ける。計画にない作業が発生した場合には、管理者が実施計画書を改版し、承認を受けてから実施する。
2. 予実管理の徹底
プロジェクト期間中に管理者は常に作業の予実を管理し、品質・収支・進捗を監視する。計画から逸脱した場合には、管理者がリカバリー策を立案し、承認を受けてから実施する。
3. 作業標準化の推進
プロジェクトにおける作業は標準化されたプロセスに沿って行うことを前提とし、それと異なる作業を行う場合には、担当者が標準プロセスを改版し、管理者の承認を受けてから実施する。
4. 予実差とその原因の追究
プロジェクト終了後に管理者は品質・収支・進捗の予実差を整理し、その原因を分析する。予実差とその分析結果を全ての関係者で振り返り、計画及び作業標準の在り方を見直す。

本方針は、役社員から派遣社員等に配布して周知させ、一般の人も入手できるようにします。また、役社員及び派遣社員等の教育・啓発に努め、品質に関する意識高揚を図ります。

品質目標

一、私たちは、全ての品質活動において実施計画書を作成し、それに基づいて計画的に
  作業を行います。

一、私たちは、品質活動に関わる全ての要員に実施計画書を周知し、品質管理を徹底し
  ます。

一、私たちは、品質活動において例外なく作業を標準化することに努め、品質管理・改
  善の有効性を高めます。

一、私たちは、全ての品質活動を定期的に振り返り、継続した品質改善に努めます。

Gcomホールディングス株式会社
代表取締役社長 平石 大助