img_emvironment1

Gcomホールディングスグループでは、その事業活動の中で自主的に環境保全に関する取組を進めるに当たり、環境に関する方針や目標を自ら設定し、これらの達成に向けて取り組んでいくための体制・手続などの仕組みを整えています。
この仕組みは国際規格であるISO14001の認証を受けています。この取組の一例を以下に示します。

消費電力量の削減

  • LED照明を導入することによって、長寿命・低消費電力・RoHSに対する高い順応性というメリットを実現しています。
  • スマートメーターを導入することによって、全社員が電力使用量をリアルタイムでモニタリングできるようにし、節電への意識向上につなげています。
  • 環境省が推進するクールビズ及びウォームビズを年間を通じて励行しています。特にスーパークールビズファッションについては来客にも協力を要請し、室温調整に係る電力使用量を削減しています。

CO2排出量の削減

  • 複数拠点で会議を行う場合にはテレビ会議システムを使用することを原則とし、移動のために排出するCO2と会議資料の印刷に使用する紙を削減しています。
  • お客様先またはデータセンターに設置されているプログラム資産をメンテナンスする場合は、リモートアクセス回線を介して行うことを原則とし、お客様ニーズへの迅速な対応とともにCO2の削減を実現しています。
  • 営業活動において自動車を使用する場合にはハイブリッドカーを選択することを原則とし、CO2の排出量を削減しています。

再資源化

  • 各社から納品する機器の梱包材はそのまま廃棄せず、リサイクル事業者に引き渡すことによって古紙として再資源化することとしています。
  • 各事業場から出る紙のシュレッダー屑はそのまま廃棄せず、リサイクル事業者に引き渡すことによって再資源化することとしています。